お出かけスポット diary

お出かけスポットの情報をお届け!

ディズニーシー食べ歩き名物【ギョウザドッグ、うきわまん】

 

まず最初に東京ディズニーシーのレストラン「ノーチラスギャレー」についてご紹介します。

 

ミステリアスアイランドの休憩スポット「ノーチラスギャレー」。

プロメテウス火山の近く、階段を下りた先に位置します。(※エレベーターも設置されています。)

 

潜水艦ノーチラス号をながめながら軽食を食べることができるレストランです。

東京ディズニーシーの定番パークフード「ギョウザドッグ(500円)」が提供されています。

ギョウザと中身が入っている肉まんのようなフードで、なんともクセになる味わいでふわふわの食感がたまりません!

同じく、「ノーチラスギャレー」で提供されているビールとの相性も抜群です。

 

以前はこのリフレッシュメント・ステーションでギョウザドッグが販売されていましたが、2016年にノーチラスギャレーに販売場所が変更となりました。

実は、ノーチラスギャレーでは元々ギョウザが売られていた場所でもあります。
ノーチラスギャレーの場所は、地上ではなく地下にあるので少し分かりにくいかもしれません。

 

ノーチラスギャレーは屋根付きで快適に過ごせるのがいいですね!

レストランの座席の上には屋根があるため、陽射しが強い日や雨の日でも利用することができます。

イベント限定のフードやアルコールドリンクが提供されることも多く、ゲストで賑わうこともしばしば。

ミステリアスアイランドの雰囲気をあじわいながら、ぜひスナックやドリンクを楽しんでください!

 

 

 

続いて、東京ディズニーシー(TDS)で「うきわまん」が買えるワゴンサービス「シーサイドスナック」を紹介します。

 

シーサイドスナックは東京ディズニーシーのポートディスカバリーにあります。

シーサイドスナックで買えるのは、うきわまん!

見た目が浮き輪そのものなんですよ。

お値段は1個500円。ワンコインで魚介の旨味をたっぷり味わえるので、コスパもいいです!

ピンクと白のかわいい見た目に加え、プリプリのエビの食感がたまらない絶品メニューは、東京ディズニーシーへ来たら絶対に食べたいメニューです!


うきわまんが売られているシーサイドスナックのコンセプトは、気象コントロールセンターの実験に成功したお祝いとして、招待したゲストにおもてなしするためにつくられたフードワゴンなのです。

シーサイドスナックで販売されているのはメインのうきわまんだけ!
人気の高いうきわまんを求めて多くのゲストがやってくるので、常に行列ができています!

 

■「ディズニー・ハロウィーン」期間中はうきわまんの色が変わる!

スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」期間中は、うきわまんの色が変わります!

中の具材もいつもと違うものになるので、ディズニー・ハロウィーン期間に寄るのもおすすめです。

 

 

 

 

販売しているフードワゴンは、基本的に他のお店よりも閉店時間が早いことが多いです。

なので、ギョウザドッグやうきわまんを食べたい方は早めの時間帯〜夕方までに買いに行きましょう!

 

もちろんインスタ映えもバッチリなので、あなたなりのかわいいうきわまんを撮影して楽しんでみるのも良いかもしれませんね!