お出かけスポット diary

お出かけスポットの情報をお届け!

閉館した「スヌーピーミュージアム」が「南町田グランベリーパーク」に移転オープン!愛らしいスヌーピーやピーナッツの世界観に浸りながら写真撮影も楽しめる!

 

「スヌーピーミュージアム」は現代に必要な癒やし空間!世界でここだけのグッズも多数!

 


2018年9月に惜しまれながらも閉館した「スヌーピーミュージアム」が、12月14日(土)に、南町田グランベリーモールに帰ってきました! 

『ピーナッツ』の歴史は長く、なんと来年10月に70周年を迎えます。

展示室を含め、館内のほとんどが撮影可能となっているため、愛らしいスヌーピーやピーナッツの世界観に浸りながら写真撮影も楽しめるはず!

 

f:id:hattenac:20191216031812j:image

 

<『ピーナッツ』ちょこっと豆知識>

意外と知らない『ピーナッツ』の歴史を少し振り返ってみましょう。

1950年10月2日、チャールズ・M・シュルツによるコミック『ピーナッツ』の連載がスタートしました。

『ピーナッツ』は、新聞で連載されていたマンガです。平日のデイリー版は4コマ、日曜のサンデー版には、およそ10コマほどのマンガが掲載されていました。

連載開始から2日目に登場したスヌーピ、実は初めは4足歩行。そこから長い年月をかけて、スヌーピーもチャーリー・ブラウンも成長を遂げていきます。

 

<目玉は前代未聞の巨大スヌーピー!>

“ピーナッツやスヌーピーをもっと好きになれるように”というメッセージが全面から感じられる本ミュージアム。なんと言っても目玉は、「スヌーピー・ルーム」。ここでは、何体ものスヌーピーがゲストをお出迎えします。ライナスの毛布の上で眠る全長8メートルの巨大スヌーピーは圧巻です。様々なポーズの全6体のスヌーピーのオブジェが飾られています。

 

 

f:id:hattenac:20191216031706j:image

 

 

 

<世界でここにしかないグッズを取り揃える>

ミュージアムのお楽しみは、なんと言ってもグッズ…! 

ミュージアムショップ「ブラウンズストア(BROWN’S STORE)」は、チャーリー・ブラウンの世界をイメージした店内で、“世界でここにしかない”グッズを取り揃える。人気ブランド とのコラボレーショングッズをはじめとする多彩なラインナップを展開する。

今だけしか買えないオープン記念限定の赤いパーカーを着た、スヌーピーとウッドストックのぬいぐるみは、必見。こんな可愛く見つめられると、連れて帰りたくなってしまいます。

また、ブランドとのコラボレーション商品も多数販売。個人的に惹かれたのが、「森永」とコラボの「ミルクキャラメル」と「ミルクココア」。レトロなパッケージが懐かしさを感じる可愛らしいデザインです。

そのほかにも、グリンティーミント、シトラスソルベ、メイプルハニーとリラックスできる絶妙な香りの「ハンドクリーム」や、緑豊かな南町田の要素を取り入れた「トミカ」も見逃せません。

 

f:id:hattenac:20191216031746j:image

 

f:id:hattenac:20191216032701j:image

 

f:id:hattenac:20191216032704j:image

 

 

<「スヌーピーミュージアム」概要>
オープン日:12月14日(土)
時間:10時00分~20時00分(入場は19時30分まで)
場所:南町田グランベリーパーク