お出かけスポット diary

お出かけスポットの情報をお届け!

ディズニーシーでクリスマス限定のショー開催!クリスマス気分を盛り上げてくれる「イッツ・クリスマスタイム!」

 

 

 

東京ディズニーシー 期間限定ショー「イッツクリスマスタイム!」


東京ディズニーシーでは、クリスマス期間限定のショー「イッツ・クリスマスタイム!」を開催しています。クリスマスの名曲にのせて、ディズニーキャラクターやシンガー、ダンサーが華麗に歌い踊る約25分間のレビューショーです。

 

f:id:hattenac:20191120023527j:image


あたたかみのある白を基調としたコスチュームに身を包んだミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、クリスマスを一緒にお祝いしようとメディテレーニアンハーバーに集います。約120名のディズニーキャラクターたちやキャストによる華やかで豪華なパフォーマンスは必見。12月25日まで。

 

「it's Christmas Time!」と書かれたバナーが空を舞い、ポインセチアをあしらった美しいツリーが水上に立ち上がると、華やかなショーの幕開けです。あたたかみのある城を基調としたコスチュームに身を包んだミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、クリスマスを一緒にお祝いしようとメディテレーニアンハーバーに集います。

 

クリスマス気分を盛り上げてくれる「イッツ・クリスマスタイム!」。公演期間は2019年11月8日(金)~2019年12月25日(水)まで。東京ディズニーシーならではの心華やぐクリスマスのひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

f:id:hattenac:20191120023540j:image

 

 

 

<「イッツクリスマスタイム!」概要>

⚪︎公演期間

11月8日〜12月25日

⚪︎公演場所
メディテレーニアンハーバー
⚪︎公演時間
約25分(1日2~3回/日中)
⚪︎出演者数
約120人

今年もイルミネーションイベント!『神戸イルミナージュ 2019』

 

 

 

今年は“超難関サークルイルミ迷路”にパワーアップ


神戸市北区にある道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)で11月より『神戸イルミナージュ 2019』が始まっている。来年2月11日まで。

 

f:id:hattenac:20191120023201j:image

 

 毎年恒例のイルミネーションイベントで、2011年に始まって以来、関西でも最大規模の施設型LEDイルミネーションとして毎年約15万人が訪れている。入場口付近で展開される音と光による14本のカーニバルギミックショーや、オランダ国立美術館を模した「神戸ホテルフルーツ・フラワー」をキャンパスにした“光の舞台”「白金の世界」など、園内各所で趣向を凝らした光を演出を実施。

 

f:id:hattenac:20191120023216j:image

 

ホワイトタイガーやラクダ、アルパカなどの飾りで彩られたアニマルエリア、小さな家やウサギなどおとぎの国をモチーフにしたおとぎの国エリア、フォトスポットなども設置される。

 

 一昨年より人気エリアとなっている「巨大イルミ迷路」がさらにバージョンアップし、今年は「超難関サークルイルミ迷路」として登場。イルミネーションが施されたサークル型の迷路は全国的にも珍しく、“光の壁”に囲まれた空間の中でゴールを目指しながら写真を撮影するなど思い思いに楽しむことができる。

 施設内にある神戸モンキーズ劇場では、期間中は「光のモンキーショー」として特別バージョンで開催される。園内はペットの同伴可能。

 

 

一期一会のプロジェクションアート!「Wonder Experience イルミナイト万博 2019」

 

 

 

エンドレスな万華鏡の世界!大阪・万博記念公園で「WonderExperienceイルミナイト万博2019」

 


1970年の日本万国博覧会の時に登場し、今では大阪・万博記念公園のシンボルとなっている太陽の塔。この塔に光の演出を行う「Wonder Experience イルミナイト万博 2019」が、2019年12月6日(金)から週末をメインに12月29日(日)まで開催される。今回は、塔の背面にある過去の象徴「黒い太陽」に、プロジェクションアートとイルミネーションを融合させた「デジタル掛け軸」を投影。永遠に続く万華鏡のような世界を満喫しよう。

 

 

f:id:hattenac:20191113211034j:image

 

<塔の背面に映し出される一期一会のプロジェクションアート>
万博記念公園の中央口からすぐの太陽の広場にある「太陽の塔」。「Wonder Experience イルミナイト万博 2019」は、この塔の背面がある北側とその周辺エリアで実施される。

今回行われる光の演出「デジタル掛け軸」は、プロジェクションアートの先駆者として活躍するデジタルアーティスト・長谷川章氏が創りだした新しいアートカテゴリー。

塔の背面では、100万枚におよぶデジタル画像が、 地球が回転するのと同じスピードでゆっくりと変化してゆく。これらの画像は、昔のブラウン管テレビのノイズの周波数から作り出したものなのだとか。すべての画像は、偶然の連続によって出現し、ひとつとして同じものを見ることができない一期一会の極彩色アートになっているという。

 

f:id:hattenac:20191113211051j:image

 

 

<ラーメンEXPOや蚤の市も併催。夜の万博公園を満喫しよう>
いつもは17時に閉園する万博記念公園で、開催日は日没から21時まで1分刻みに変わる映像が切れ目なくエンドレスで投影される。スペシャルな雰囲気が盛り上がる中、この時にしかできないイルミネーション・デートを計画するのもいいかも。

また、「イルミナイト万博」とコラボレートする形で、全国から選りすぐりのラーメン店を一堂に集めた「ラーメンEXPO」や、おしゃれなクラフトや雑貨が集まる「ロハスフェスタ蚤の市」なども同時に開催されるので、アートな太陽の塔とともに万博公園のひとときを楽しんで。

 

 

 

あしかがフラワーパーク!500万球を超えるイルミネーションで園内がカラフルな輝きに包まれる!「Flower Fantasy~光の花の庭2019~」

 

 

あしかがフラワーパークで500万球イルミ「Flower Fantasy~光の花の庭2019~」新作も公開

 

 

栃木県足利市のあしかがフラワーパークのイルミネーションイベント「Flower Fantasy~光の花の庭2019~」が、2020年2月6日(木)まで開催中。今年は500万球を超えるイルミネーションで園内がカラフルな輝きに包まれる。

 

f:id:hattenac:20191120021151j:image

 

<“4年連続1位”人気イルミネーション「Flower Fantasy~光の花の庭」>
2017年10月には、さっぽろホワイトイルミネーション、ハウステンボス光の王国とともに「日本三大イルミネーション」に認定され、また、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー主催の「イルミネーションアワード」において4年連続でイルミネーション部門ランキング全国第1位を獲得した人気イルミネーション。

 

<2019年は新作イルミネーションも追加>
2019年より、新作イルミネーション「光のふじのはな物語」が初公開。4月中旬から5月中旬にかけて園内にある、うす紅藤(さくら色)、大藤(紫)、白藤(白)、きばな藤(黄色)の4色の藤が、まるで絵巻物のように移ろいながら咲く姿を表現したイルミネーションで、水面に映りこむ姿も幻想的だ。
また今シーズン中は、光と花のコラボレーション(光とアメジストセージの融合:11月2日~11月中旬)、フラワーパークのクリスマス(クリスマスファンタジー:11月下旬~12月下旬)、ニューイヤーイルミネーション(光と冬咲きボタンの競演:1月1日~2月6日)と3つのテーマを設定。500万球を超える煌びやかな光で人々を魅了する。
また、この他の注目スポットとして、まるで春の藤を見るかのように、咲き始め~満開~舞い散るまでのストーリーを光の演出で見事に表現した「奇蹟の大藤」、35,000本の光の花畑に囲まれた「フラワーキャッスル」、睡蓮の花が水辺に咲き誇る様子を表現した「光の睡蓮」、バラをイメージしたイルミネーションがパノラマに広がる「光のバラ園~ハピネスガーデン~」など、SNS映えするフォトジェニックな空間演出で園内が埋めつくされる。

 

f:id:hattenac:20191120021207p:image

 

 


<Flower Fantasy~光の花の庭2019~概要>
開催期間:2019年11月2日(土)~2020年2月6日(木)
住所:栃木県足利市迫間町607
点灯時間:16:30~21:00(土日祝は21:30まで)
入園料金:大人1,000円、子ども500円(子供は4歳~小学生まで)
休園日:期間中は2019年12月31日(火)のみ

情報:足利フラワーリゾート

イルミネーションスポット!夜景遺産「ひかりの散歩道」!

 

 

「ひかりの散歩道」、夜景遺産に認定!

東南植物楽園のイルミネーションイベント 

 


沖縄市の東南植物楽園が毎年開催しているイルミネーションイベント「ひかりの散歩道」がこのほど、「第15回日本夜景遺産」のライトアップ夜景遺産に県内で初めて認定された。6日に東京都で開催された「第7回イルミネーションアワード」でも特別賞を受賞した。 

今年のひかりの散歩道は23日に点灯式を開く。昨年の3倍となる県内最大規模180万球の電飾が来年4月5日まで園内を彩る。毎日午後5~10時(最終受け付けは午後9時半)。

 

f:id:hattenac:20191117230528j:image 

 

1990年に始まったイベントは「植物園ならではの温かみのあるイルミネーション」をコンセプトに、園内の亜熱帯植物や遊歩道などを生かしている。

 

夜景を観光資源としてPRする日本夜景遺産は、自然夜景やライトアップ夜景など四つの部門に分かれ、全国各地の応募の中から今年は新たに8カ所が認定された。

 

東南植物楽園の入園料

大人1800円、

シニア・高校生1100円、

小中学生600円、

(いずれも税抜き)。

 

f:id:hattenac:20191117230539j:image

 

 

 

11月26日はいい風呂の日!「東京お台場 大江戸温泉物語」で特別キャンペーン!

 

 

「大江戸温泉物語」の入館料が半額に!ウィンターイルミネーションも同時開催

 


「東京お台場 大江戸温泉物語」では、「いいふろの日」にちなみ、2019年11月26日(火)限定で、通常大人(昼間)の入館料 2,380円(税抜)のところ、半額の1,126円(税抜)にする特別キャンペーンを実施する。

 

f:id:hattenac:20191111205822j:image

 

また、11月11日(月)~2020年2月29日(土)まで、足湯庭園にて「不思議の国のアリス」をモチーフにしたウィンターイルミネーション「Alice in the wonder garden」が開催される。不思議の庭に迷い込んだ皆様を光り輝くキャラクター達がお出迎え。カップル、グループ、家族、みんなで一緒に楽しめる。

 

 

さらに、全長6.5mのベルギーのイルミネーションデザインメーカー「Globall concept(グローボールコンセプト社)」のデザインツリーがお目見え。本場ヨーロッパの洗練されたデザインは必見。たくさんのフォトスポットでの写真撮影も楽しいはず。

 

便利な無料シャトルバスも運行されているのが嬉しい。東京テレポート駅、品川駅、東京駅、新宿駅、錦糸町駅、豊洲駅などから乗降車できる。乗り場や時刻など詳細は、公式サイトをチェック。

ゆっくりとした時間の中でじんわりと身体が温められる温泉施設。このシーズンならではのイベントを心行くまで楽しんでみては。

 

f:id:hattenac:20191111205837p:image

 

 

 


<「東京お台場 大江戸温泉物語」概要>

⚪︎1日限定キャンペーン

《開催日》2019年11月26日(火)

《特別価格》

大人(中学生以上)1,126円、小人(4歳~小学生)550円(税抜)

※全時間対象(最終入館時間は翌朝7:00まで)

※深夜追加料金として深夜2:00以降在館の場合は、別途2,000円(税抜)がかかる

※他のクーポンとの併用不可

 

⚪︎「Alice in the wonder garden」

《開催期間》1月11日(月)~2020年2月29日(土)

《場所》足湯庭園

 

⚪︎「Globall concept(グローボールコンセプト社)」デザインツリー

《点灯時間》17:00~24:00

※2020年1月16日(木)、2月13日(木)はメンテナンス日のため23:00まで

 

⚪︎東京お台場 大江戸温泉物語

《営業時間》11:00~翌朝9:00(22時間営業)

《最終入館時間》翌朝7:00(完全入替制)

※日帰り入浴の予約は不要

《駐車場》有料 216台

美しい石垣のある福岡城跡がインタラクティブな光のアート空間に!「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」

 

 

「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」夜の福岡城跡が光のアート空間に

 


チームラボによるアートイベント「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」が、2019年11月29日(金)から2020年2月2日(日)まで、福岡・舞鶴公園の福岡城跡にて開催される。

 

f:id:hattenac:20191106210215j:image


<夜の福岡城跡がインタラクティブな光のアート空間に>

1601年から7年の歳月をかけて築かれ、城の規模としては九州一を誇った巨城・福岡城。本丸・二の丸・三の丸などの中心部が総石垣造りとなっていることから別名“石城”とも呼ばれ、四層に分かれ美しい石垣が、今も非常に広大な史跡として残っている。

 

本イベントは、“非物質的”なものであるデジタルテクノロジーを駆使することで、「街が街のままアートになる」というチームラボのアートプロジェクト「Digitized City」の一環として行われるもの。美しい石垣のある福岡城跡の中心部約2万平米が、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変わる。


2017年開催に続く今回は、光で描かれた黒い八咫烏が大天守台跡の石垣を飛び回る「石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス - 石城大天守台跡」や、福岡の礎を築いた福岡藩の藩祖として知られる黒田官兵衛らを“お絵かき”する「お絵かき黒田官兵衛」など、4つの新作が登場。

そのほか、広大な空間に設置された多数の“光のovoid(卵形体)”が、来場者の存在に呼応して様々な光と音色を放つ「自立しつつも呼応する生命の森」、全長60m・高さ約10mの福岡城大天守台跡の石垣に、花々と共存する動物たちを投影する「大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達」など、計7作品が展示される。

 

 

<「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」概要>
開催期間:2019年11月29日(金)〜2020年2月2日(日)
時間:18:00~22:00(最終入場21:30) ※12/31は25:00まで開催
会場:舞鶴公園・福岡城跡(福岡市中央区城内)
アクセス:
・福岡市営地下鉄
「赤坂駅」または「大濠公園駅」より、徒歩8分
・西鉄バス
「福岡城・鴻臚館前」、「福岡市美術館東口」、「大手門・平和台陸上競技場入口」より、徒歩5~8分
「赤坂3丁目」より、徒歩10分
チケット販売:チケットぴあ / セブン-イレブン
※会期中は会場でも販売

 

<チケット>
⚪︎ペア割引前売券(Pコード:992-561)
販売期間:2019年11月4日(月・祝)~11月28日(木)
価格:1,200円
※セブン-イレブン店頭、チケットぴあWEBサイト限定
※11月29日(金)~12月12日(木)の来場限定

 

⚪︎前売券(Pコード:992-562)
販売期間:2019年11月4日(月・祝)~11月28日(木)
価格:大人 1,000円、中・高校生 600円、子ども(4歳~小学生) 300円、3歳以下 無料
※セブン-イレブン店頭、チケットぴあWEBサイト限定

 

⚪︎当日券(Pコード:992-562)
価格:大人 1,200円、中・高校生 800円、小学生 400円、3歳以下 無料